経営と管理の法律上の違い

経営と管理の法律上の違い

経営と管理の法律上の違い 墓地の管理は実務者的立場で遂行していけばよいのですが、経営となると運営をどのようにしていくのかを考えていかなくてはなりません。
そして同時に墓地に関する法律に規定されている役割を果たさなければならず、管理者の氏名や住所を行政に届け出る必要があります。
任命責任を負うので使用する人は誰でも良いというわけにはいかず、きちんと業務ができるのか資質が問われることになります。
墓地を運営する経営者と許可を出した行政との関係は密接で、ずさんな運営をしていると最悪、許可の取消しを受ける場合もあるので注意が必要です。
こうした事態になるのは墓地の使用者が役所に苦情を言ってきた場合などで、要するにうまく運営が行っていない時です。
法律では立入検査と報告徴求が定められていて、帳簿や書類が十分に作られておらず運営に支障が出ているような状況だと行政が関与することになります。
設備改善や使用の制限、禁止と段階を踏むことになりますが一番重いのは許可の取消で、一旦処分を受けると不服申立や行政訴訟でなければ処分の取消を求めることはできません。

墓地の維持・管理にまつわる問題や解決策について

墓地の維持・管理にまつわる問題や解決策について 近年、墓地の管理が社会問題となってきています。
一般的に墓地が親族の中で引き継がれるものですが、お墓を継承した人にとって様々な負担が生じます。
定期的に掃除などメンテナンスしないとお墓は荒れるものですが、墓地が地方にあるものの、都市に暮らしているのであれば、頻繁に掃除をしにいくことができません。
また、お墓自体の継承者がみつからず、無縁墓となってしまうものもあり、周辺が荒れてしまって周りにも迷惑がかかることがあります。
そもそも、お墓の購入自体にも多額の費用がかかるものであり、また管理や維持するための費用もあるため、子孫に経済的な負担を強いるものにもなります。
宗教的な意識も希薄化している中で、お墓だったり戒名などに多額の金額を投じるのは、現代社会の生活や暮らしからかけ離れており、そこに疑問をもつ人も少なくありません。
もし手間や大きなコストをかけずに問題を解決したいのであれば、宗教を問わずお寺が長期間扶養してくれる永代扶養を検討してみてもよいかもしれません。

新着情報

◎2019/4/1

最適な墓地を選ぶの基準
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

経営と管理の法律上の違い
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

管理には手間がかかる
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓地 経営」
に関連するツイート
Twitter

大金払って高級高齢者施設に入っても気がつくと親会社の経営が傾いたり破産して、居場所なくなる。墓に入っても、墓地経営主体が傾いたり破産(以下ry そして年金も。 日本人、三界に家なし。

Q.公営墓地と民営墓地の違いは何ですか? A.公営墓地は、都道府県市町村が管理・運営するもので、使用料や管理費が比較的安価です、これに対して民営墓地は、宗教法人や公益法人が経営するもので、一般的に墓所の広さや墓石の形も自由に選択でき、管理が行き届いているといった特徴があります。

Twitter株式会社なむねっと@namunet_info

返信 リツイート 昨日 15:10

【ゆっくり実況】変な五人組のブラック墓地経営 part1 youtu.be/Ci_xeOukVNI @YouTubeより 墓を生やせ

Twitterてぃと( * ॑꒳ ॑*)@DqnDerl0n

返信 リツイート 昨日 13:29

は民営ではあるが、あれはある寺と契約しておりその契約の元で半寺半民営の物であるが、全部民営化すると寺の反発が当然予想されるが、単身者がでは何十万も出して墓に入る意味は無い。そうすると今後その対策に全国の寺は墓地経営がままならなくなり自ら悲鳴をあげるだろう。 因みに牛久大仏の中は

墓地埋葬法は許可の要件は規定していないし、法(と条例)が墓地の周辺住民の個別的利益をも保護することを目的としているものとは解せないため、墓地周辺に敷地がある住宅等に居住する者は知事のした墓地経営許可の取消しを求める原告適格を有さない。(H12.3.17)―H15国Ⅰ 利益×

墓地の公共性や墓地経営の安定性を求める法や本件条例の規定 から, 経営状態が悪化しないように, 需給状況 を 考慮 することは,裁量の範囲を超えるものではないという見 解もあり得,これらを比較して論じることが求められている。

法第 10条第1項 が, 墓地経営許可につき市長に裁量を認めていること を 前提 にして, 住環境の悪化を懸 念する反対運動の存在 を 考慮 することは適法との見解もあり得,これらを比較して論じることが求めら れている。

本問で論じられるべきもの は, (ア)本件墓地周辺の住環境が悪化する懸念から,近隣 住民の反対運動が激しくなったこと 及び (イ)Dの墓地を含むB市内の墓地の供給が過剰となり,その 経営に悪影響が及ぶこと であるが,これらに関して, B市の主張を踏まえて,検討することが求められ ている。

法や本件条例 には 「名義貸し」を明文で禁止する定めは見られな い が, 本件条例 が, 墓地経営主体を地方公共団体や宗教法人等に限定し,営利企業への墓地営業許可 を認めていないこと や, 経営主体に一定の要件を求めていること から,仮に,

第2 に, 本件墓地の実質的な経営者 は, Aで はなく, 営利企業 の Cではないのかという,いわばAとCの間で一種の 「名義貸し」 に当たる行為が行われたのではないかという点である。